【ココナラ】初心者イラストレーターがクラウドソーシングに出品して感じたメリット・デメリット

働き方


こんにちは。平日昼はフルタイムで働き、夜と休日はブログとイラストの作業に明け暮れているgtgtです。

先日、「ココナラ」というクラウドソーシングサイトに初めてイラストを出品し、今日までで4件の依頼をこなしました。結論からいうと、もっと早く出品すればよかったです。

まるっと可愛いちびキャライラストアイコン描きます SNS、ブログ等に!かわいいキャラであなたの個性を光らせます
(こちらのサービスは「初めて価格・安価受付」での提供のため、現在は受付を休止しています)

そして今現在「イラストを受注して稼げるようになりたいけど、クラウドソーシングはなあ」と思ってるアナタにも、まずはやってみるべきだとオススメします。

かくいう私も「単価が安いし……」「不慣れな個人相手じゃ不安」など考えて出品を渋っていましたが、それでもやってみてよかったと思っています。

この記事ではその理由や、クラウドソーシングサイトに出品するメリット・デメリットを紹介します。イラストレーターだけでなく、ライターさんや動画編集者さん等、いろんな業種を目指す方にあてはまる内容だと思いますので、ぜひ読んでみてください。

※私はココナラしか使っていませんので、ココナラベースの話しかできません。でも、だいたいどのクラウドソーシングサービスにも通用する話だと思います。

メリット

メリット

  • 比較的、気軽に取引ができる
  • 自分から取りにいける案件もある
  • お金がもらえる
  • 自信が持てる

ひとつずつ詳しくみていきましょう。

比較的、気軽に取引ができる

案件の規模が小さく、取引にあたってのプレッシャーが小さいのが、個人間取引の特徴です。

いきなり企業相手や大口案件に挑戦して、プレッシャーを感じながら仕事をするよりは、個人間取引で(言い方が良くないかもですが)取引の「練習」をしてみるのがベターだと感じました。

また、クラウドソーシングサイトでは、見積もり用のメッセージを送るシステムが用意されている等、個人宛にメールを送って仕事を依頼する場合に比べて、気軽に依頼の相談を持ち掛けられる仕組みになっています。

「わざわざメールしてまで依頼するのはちょっと……でもクラウドソーシングサイトなら依頼してもいいかな」という客層も、かなり多そうだなと感じています。

自分から取りにいける案件もある

ココナラでは、スキルを持った人が出品して依頼を待つシステムのほかに、「公開依頼」というシステムがあります。

誰かに依頼したい仕事がある人が、「こんなイラストを描いてくれる人募集!」のようなリクエストを出し、仕事を探している人がそれに応募する、というシステムです。

クラウドワークスなど、他のクラウドソーシングサービスでも、だいたいこのようなシステムが用意されています。

もし自分のところに依頼がなかなか来なければ、こういったシステムを利用して案件を取り、評価を獲得していくことも可能です。

お金がもらえる

当たり前です笑。 でも、たとえ少額でも思ったより嬉しいものですよ。

自信が持てる

なんといっても「自分でもこのスキルを活かして仕事ができるんだ」という自信を持てるようになるのが、一番のメリットです。やる気がメリメリわいてきます。

納品後、依頼者さまから感謝の言葉をいただけると、やはりうれしいものです。

デメリット

デメリット

  • 手数料が取られる
  • 価格崩壊が起きている
  • 出品者がめちゃくちゃ多く、埋もれてしまう可能性がある
  • 自分のブログ等、外部での取引への誘導は禁止

こちらも、ひとつずつ詳しくみていきましょう。

手数料が取られる

ココナラでは、サービスが売れたとき、その価格の10~25%が手数料として取られます。その他のクラウドソーシングサイトでも、取引成立したときその価格に応じた手数料が取られるのが普通です。

しかし、無名・無実績の駆け出しイラストレーターに、いきなり直談判で依頼が飛び込んでくるだなんて、よほどの実力者でなければありえない話です。

とりあえず案件を取りたいのなら、クラウドソーシングサイトに手数料を払うことになっても、多くの人に自分のスキルを知ってもらえる環境を利用するのもいいかなと、個人的には思います。

価格崩壊が起きている

個人が趣味の延長として出品するケースも多くなった今、クラウドソーシングサービスでは「相場に比べて相当安い値段」での出品も、かなりの数が見られます。

その結果、薄利多売で依頼数を稼いでいる出品者が、やたらに高い評価を獲得してさらに集客し、高いサービスは敬遠されている……というループを形成していることも。

しかし個人的には、だからといって安いサービスに合わせた価格設定をする必要はないと考えています。他の人に比べて高価だったとしても、「この人のイラストがいい!」と思ってくれた人は、素直に購入してくれるものです。

出品者がめちゃくちゃ多く、埋もれてしまう可能性がある

クラウドソーシングが流行り始めてそこそこの年月が経つので、無名で評価数の少ないユーザーは埋もれてしまい、どうしても案件を獲得するのに不利です。

ただ、公開依頼に対して提案を出す、「初めて価格」として安めの価格で出品する、SNSで宣伝する……など、対策の打ちようはあります。

私は「初めてなのでお安くします」とした上で、SNSで宣伝した結果、一週間で4件の依頼を獲得することができました。

自分のブログ等、外部での取引への誘導は禁止

クラウドソーシングサイトの売り上げ=手数料だから仕方ないです笑。

自立する自信がつくまでの間、実績を積むためのサポートツールとして使わせてもらえたらいいのかなと思います。

まとめ:賢く利用すればメリットたくさん

多くの出品者が参入し、母数が多い上にかなり安価な出品も多くなった今、「クラウドソーシングは稼げない」という声が多いことも事実です。

ただ、出品者の100%がアクティブユーザーというわけでもありませんし、比較的高価に設定しても「その人のイラストの価値」を理解して購入してくれるユーザーさんもちゃんといます。

SNSでの宣伝活動や、公開依頼を活用しての受注など、きちんと対策すれば、参入したばかりでも案件を獲得することは十分可能だと感じています。

私は今のところ手ごたえを感じています。自分が納得できる価格設定で、無理なく楽しく続けられるのが第一だと思っています。

そして、ある程度稼げたら今度は自分が依頼者となり、素敵なイラストを描いてもらうとともに、他の出品者の取引の進め方をリサーチしてみようと思います笑。

今後なにか新しく自分のスキルで仕事をしたいと考えている方は、ぜひ一度クラウドソーシングを利用してみてください。わりと世界が変わります。

ココナラをのぞいてみる!

よければ依頼してみてください

私gtgtも、引き続き「ココナラ」に出品しておりますので、よければ覗いてみてください。ご依頼お待ちしております。

ブログ・SNSに!まるっと可愛いキャラ描きます アイコンで個性をアピールしたいあなたに!

Wordpressのちょっとしたお悩み解決します かゆいところに手がとどくカスタマイズを提供します